小説

読んだ本。持っている本のご紹介

やぎの感想お気に入り度
デルフィニア戦記 昔の大き目の小説を文庫本化したリバイバル版である。
一度読み出すと止まらない。
時代活劇風のSF小説。

時代は中世ヨーロッパの設定。
主人公はなにやら違う次元の生き物らしい。
絶世の美女なのに、元の次元では男だったらしく、なんだか対応が笑える。
笑ったり、泣いたりできる小説でう。
あと2冊で終了なの。
11月25日が最終巻なの。

紹介しているのは、最終巻の一つ前の巻でごじゃいます。
全部で18巻もあるでごじゃる。

そんなに読めないよ〜って人は、第一部の1巻〜4巻を読んでみると良いです。
話の切りがいいので、終わらせてOKなのさ。
主人公の謎は残ったままになるけどね(笑

テンポの良いお話です。
SFファンのみならず、中世の王族貴族の争い好き(?)さんにお薦めです♪
★★★★★

cover
ふふ〜ん。こんな前ふりだったんだぁ〜
とか、思いながら読みました。

ダメだって、言われると、やりたくなっちゃうんだよねぇ〜。
って、ああ、そんな終わり方でいいのか!おい!っつぅ、終わりかたしてました。

もし、「蟻」から読んでたら、「蟻の時代」が待遠しくて、気が狂ってたかも(笑

このときは、まだ、まったく蟻との接触はありません。
★★★★
蟻の時代
cover
殺人事件と、蟻。
何の関係があるんだかサッパリ。
この、蟻シリーズで、一番最初に読んじゃったもんだから、前ふりがわかんない。
でも、全然。前ふりがわからなくても、いや、わからないからこそ、楽しかったのかもしれん。

蟻103号の冒険!ココロ踊りました!途中で入ってくる、人間側の殺人事件が邪魔だなぁ〜とか思ったり。

人間との接触後は、もう、ドキドキワクワク。はらはらですよ!
★★★★★
蟻の革命
cover
本当に、こんな結末で、よかったんか?
とか思っちゃう感じ。
ほら、よく言う、UFOの存在の有無とか、本当のことは・・・ってやつ?
立ち会えたことを誇りに思っちゃったりしますが(笑
評価としては、3冊の中で、一番ダメダメで、一番考え深げな本です。 何故かというと、宗教がちょびっと絡んでるから。
権力〜とか、考え方〜とか。難しいことを書いて、解釈しようによっては・・・とか、ちょっと考えちゃう。
蟻の冒険は、相変わらず面白い。が、やっぱり人間側は、なんだか生臭い。
だから、おもろいのかもね。
★★★
下妻物語 映画館のコマーシャルで、初めて見たとき、ビ!ビット!きたんです。絶対面白いって。
でも、映画館じゃなくても・・・。ということで、しばし、我慢してたところに、 原作があると知り、入手!

ただなんとなく、自分らしく生きてきた。
これしかないと、心に決めたものがある。
でも、やっぱりなんとなく、生きているのである。

台風の目に入り込んでしまった、心地よい静けさ。一歩踏み出せば、騒ぎ出す。そんな感じの本なのだ。
あ〜はやく映画が見たい(笑
★★★★★
ICO -霧の城- プレイステーションゲームソフトの「ICO」をノベライズした、本でごじゃる。
ゲームをちらりと、見たことがあって、すごく綺麗な画像に、びっくりしたのを覚えてます。
その綺麗な画像を思い浮かべながら、読みました。

逃れられない、宿命。性(さが)。それが、誰かの手によって、作られたとしたら、あなたは耐えられますか?
約定?戒め?1人の犠牲の上に在る平和?
愛情。友情。儚く脆い糸。信じて持ち続けていられますか?
1人であるときに、1人ではないと感じる瞬間の歓喜。感じてほしい。

暗い部屋で1人、読みふけっていると、部屋の隅。暗い闇が気になる・・・(わけがないっつうのw
★★★★★
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー